スポンサーリンク

紫外線 PAとSPFの違い

美容の豆知識

 みなさんよくご存じの日焼け止めによく書いてあるPA+とかSPF40とか。

この意味や違いってご存知ですか??

ではまずPAについて。

PAとは

Protection Grade of UVA の略でUVAの防止効果を表しています。

では、UVAとは??

UVA:地上に届く紫外線の95%

通年で照射

真皮まで届き、たんぱく質を変            性させ肌老化の主な原因になる

このUVAから守ってくれる度合いを+の数で表示しています。

PA+:UVA防御効果がある

PA++:UVA防御効果がある程度ある

PA+++:UVA防御効果がとてもある

PA++++:UVA防御効果が極めて高い

てのがPAの表示の実際です。

続いてSPFですね。

SPFとは

Sun Protection Factor の略でUVBの防止効果を表しています。

ではUVBとは??

UVB:地上に届く紫外線の5%

夏の照射が多い

日焼けを起こす

しみ・そばかすの原因になる

紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。

それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

つまり赤くなるまでに20分かかる方だとしたらSPF30の場合は600分大丈夫ですよという意味です。

 

真夏じゃない今の季節でもUVAはどんどん降り注いでいます。

真夏じゃないから、日焼けだけ気にしてればOKなんてことはありません。

肌の老化を防ぐためにはこの時期の紫外線にも十分に注意しなければなりません。

ですが、毎日とても強力な日焼け止めを塗ればいいということではありません。

防止効果が高いものは日焼け止め自体の肌への負担も大きくなってきます。

 

日焼け止めの強さとその日の目的をしっかり考えて選ぶようにしましょう。

 

あ、そうそう!髪の毛も紫外線で色が抜けたりしますし傷みますからね~(-.-)そこもケアしてもらえると僕ら的には嬉しいですね(^.^)

 

 

The following two tabs change content below.
寒川 京

寒川 京

日本美髪美容ケアリスト髪質改善 テクライズ 名駅店
香川県高松市出身 名古屋市北区の有名店で11年修行し、栄の黒猫の館ではトップスタイリスト兼トータルビューティーサロンの総合プロデューサーとして年商1億4千万円を達成。 自らの施術以外にも様々な薬剤の選定や美容師・ネイリスト・アイリストの人材育成、マーケティングに尽力。 美容師としての現場の楽しさに再度魅せられ2020年10月に黒猫の館を自ら離れ、名駅のテクライズに技術者として入店。 3年後に理想のサロンを実現させるためにゼロから技術とサービスを学ぶ。 美容師免許だけでなく宅地建物取引士の国家資格を持ち美容師の新たな未来の創造にも力を入れている。

コメント