スポンサーリンク

ピンクのカラーが早く落ちるのはなぜ??

美容の豆知識

 よくお客様がおっしゃることの一つに、

ピンクって色落ち早いですよね〜?

って結構な頻度で言われます。
それに対して私の答えは

そんなことないです。

そう見えるだけです。

スポンサードリンク

髪の毛って明るくすると黄色くなっていきますよね。

ピンクにも色々ありますが、だいたい紫系です。

色には色相環ってのがあって


髪の毛の色とかなり反対側にあるのがピンク系なんです。

なので色が抜けて行く時に反対色である黄色にどんどん近づいて行くので色の変化がすごく分かりやすいからだと思うんですよね。

え、アッシュとかマットの青や緑の方が距離的には遠いよねって思われる方も多いと思います。

確かにそうなんですが、アッシュの青やマットの緑は髪の上の色では実際は青や緑に見えたりしないから色の変化があまり分からないんです。

あとはピンク系はカラーをして2.3日はシャンプーの時に泡や流した水がピンクになったりしますよね。あれが色が落ちていると感じてしまう原因なのかなと。

あの色素は髪の中に定着しきれてない余分なものの色なのであまり気にしなくて大丈夫です。

むしろピンク系はアッシュやマット系の色味に比べて髪の中の方まで入り込むので色はアッシュ系に比べて落ちにくいです。

ピンク系レッド系などの暖色系が落ちるのはシャンプー時、アッシュ系マット系の寒色系が落ちるのは紫外線や熱とも言われています。

ピンク系が落としなくたい方はシャンプーはなるべく洗浄力がマイルドなものを選び、毛先の方は泡がつかないようにしましょう。

寒色系のカラーの方はこの季節紫外線には十分にお気をつけくださいm(__)m

 

The following two tabs change content below.
寒川 京

寒川 京

日本美髪美容ケアリスト髪質改善 テクライズ 名駅店
香川県高松市出身 名古屋市北区の有名店で11年修行し、栄の黒猫の館ではトップスタイリスト兼トータルビューティーサロンの総合プロデューサーとして年商1億4千万円を達成。 自らの施術以外にも様々な薬剤の選定や美容師・ネイリスト・アイリストの人材育成、マーケティングに尽力。 美容師としての現場の楽しさに再度魅せられ2020年10月に黒猫の館を自ら離れ、名駅のテクライズに技術者として入店。 3年後に理想のサロンを実現させるためにゼロから技術とサービスを学ぶ。 美容師免許だけでなく宅地建物取引士の国家資格を持ち美容師の新たな未来の創造にも力を入れている。

コメント