スポンサーリンク

いつも毛先がキンキンになる理由と改善方法

美容の豆知識

髪を美しく保つにはまず髪を傷ませないことがめちゃくちゃ重要だと思っている寒川 京(サンガワ ケイ)です。

名古屋駅から徒歩5分ぐらいのテクライズというお店でスタイリストをしています。

ホットペッパーのご予約はこちらから↓↓↓

寒川 京|レノ(reno)の美容師・スタイリスト|ホットペッパービューティー
【ホットペッパービューティー】レノ(reno)の美容師・スタイリスト:寒川 京さんをご紹介。一言コメントやヘアスタイルカタログを見て得意な技術を確認したら、そのまま指名予約も可能です。24時間いつでもOKなネット予約を活用しよう!

新規のお客様からのお声で結構多いのが

「いつも髪の色が抜けて黄色っぽくなってしまうんです。」

というお声。

まずはなぜそうなるのか。

髪の中にはメラニン色素という髪の毛を黒く見せている色素が存在します。

一般的なヘアカラーはこのメラニン色素を分解して髪を明るくしながら、同時に赤やオレンジ、ピンクやアッシュなどの色味を入れています。

しかし、髪の中に入れた色味は日が経つにつれて髪の中から抜けていってしまいます。

そうするとメラニン色素が分解された髪本来の色になります。

以下の写真は単純に色味を入れずメラニン色素だけを分解した状態の髪の色の見本です。

髪のメラニン色素だけを分解していくと茶色っぽい感じからだんだん黄色くなっていくのがわかります。

人によってはもっと赤味が強くてオレンジっぽい感じになりやすかったり、逆に赤味が少なくもっと黄色っぽくなりやすかったりもします。

そしてここからが重要なんですが、

一般的なカラー剤は上記にも書いた通りメラニンを分解しながら色味を入れています。

なので、同時に入れる色味の分だけ希望する明るさよりメラニン色素を余分に分解して少し明るくしているのです。

だから日にちが経って、入れている色味が抜けてしまうと染めた時よりも明るくなってしまうのです。

そしてさらに、

後日その抜けてしまった中間から毛先の髪にもう一度カラーしますよね?

一般的には毛先を染める場合、カラー剤の2剤に含まれる過酸化水素の濃度を薄くしてメラニン色素を分解するパワーを弱めて、色味が発色する方を優先させるようにして染めたり、カラー剤の1剤に含まれるアルカリの量を低くしてメラニンをあまり分解しないようにすることが多いです。

でもね、そうやって毛先には配慮していても実は毛先のメラニン色素は若干分解されてしまうんです。。。

なのでまた入れた色味が抜けてしまった後には前回染めた時よりも明るくなってしまうんです。

上記の写真でもわかるように明るくなって行けば行くほど髪は黄色っぽくなってしまいます。

これが繰り返されているので毛先はいつもキンキンになってしまうんです。

じゃあどうすればいいのか。

色々な考え方がありますが僕がずっと前からお客様にさせていただいている方法は

毛先を染めるときは明るくなる要素がないカラー剤で染めるということ。

これが僕がいつも言っている弱酸性カラーです。(ノンアルカリカラーとも言います)

今以上に明るくしない場合はこのカラー剤を使えば問題は簡単に解決できます。

髪を明るくしないのでダメージもほぼありません。

一般的なアルカリカラーで染めている人と比べると、カラーを繰り返しやった時の毛先の美しさが天と地の差です。

そんなこんなで髪の毛先がキンキンになってしまう理由とその対策でした。

何か質問等あればインスタや公式ラインからお気軽にメッセージください。

インスタグラムはこちらから

https://www.instagram.com/sangawakei/

公式ラインはこちらから

LINE Add Friend

もしくは @sangawakei で検索してください。

The following two tabs change content below.
寒川 京

寒川 京

日本美髪美容ケアリスト髪質改善 テクライズ 名駅店
香川県高松市出身 名古屋市北区の有名店で11年修行し、栄の黒猫の館ではトップスタイリスト兼トータルビューティーサロンの総合プロデューサーとして年商1億4千万円を達成。 自らの施術以外にも様々な薬剤の選定や美容師・ネイリスト・アイリストの人材育成、マーケティングに尽力。 美容師としての現場の楽しさに再度魅せられ2020年10月に黒猫の館を自ら離れ、名駅のテクライズに技術者として入店。 3年後に理想のサロンを実現させるためにゼロから技術とサービスを学ぶ。 美容師免許だけでなく宅地建物取引士の国家資格を持ち美容師の新たな未来の創造にも力を入れている。

コメント